キスの適齢期

今年のお花見は、桜よりも白髪のおじいちゃんのキスに目が釘付けになった。



春を先取りしようと、彼と一緒に靖国神社へ行ってみた。
桜は開花したばかりで、屋台もないのでお花見気分にはなれず
そのまま武道館から千鳥が淵への散歩コースへ。

まだお花見なんてしている人はおらず、しーんと静まり返っている。
こういう人気のないところに来ると、キスをしたくなるのは私だけではないはず・・・
なんて思いながら歩いていると、ベンチでキスをしている男女がいる。
しかも、若いカップルがキスをしているのではなく
男は推定年齢70歳の白髪のおじいちゃん。
相手の女性は黒髪ということ以外、全くわからなかったのだが
2人は抱き合ったまま、長~~~~いキスをしていた。
激しいキスではなく、唇を重ねているだけの静かなキス。

私が70歳になった時、キスをする相手はいるのだろうか?

老女となった自分はぼんやりと想像できても
キスをしている自分や、恋をしている自分は全く想像がつかなかった。

「おじいちゃんでもキスするんだね。キスしたいんだね」
「老人ホーム恋愛って、よく聞くじゃん」
「おばあちゃんになったら、私って絶対にモテるよね」
「なんで?」
「おばあちゃんになったら、外見とか関係ないじゃん、きっと。
そしたら私のように元気で、面白くて、社交的な未亡人がモテるんだよ」
「だから、なんでいつも俺が先に死ぬのが前提の話になるわけ?」
「平均寿命的には私の方が長生きだよ。
不摂生な生活してるから、病気して早死にかもしれないけど」

老人ホームはお金がかかりそうなので
同年代のおじいちゃん、おばあちゃん達と田舎でルームシェアをして
楽しく生活できたらいいなあと思う。
私が老人になる頃にはルームシェアは、もっと一般的になっていると思うので
それは決して絵に描いた餅ではないはずだ。

そんなことを思いながら、今年のお花見第一弾は終わった。

★ルームシェア・シェアハウス・ゲストハウスはルームシェアstyle★
[PR]
by roomsharestyle | 2010-03-24 22:54 | 男と女の話
<< Congratulations 結婚前に同棲は必要? >>